不景気.com > 海外倒産 > 米封筒大手の「ナショナル・エンベロープ」が破産法第11章申請

米封筒大手の「ナショナル・エンベロープ」が破産法第11章申請

米封筒大手の「ナショナル・エンベロープ」が破産法第11章申請

アメリカ・テキサス州に本拠を置く封筒製造大手の「ナショナル・エンベロープ」は、6月10日付でデラウェア州連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したことが明らかになりました。

1952年に創業の同社は、従業員約1600名・北米に8工場の拠点を有し、年間で約370億枚の封筒を製造するなど世界でも有数の封筒製造業者として知られていました。

しかし、デジタル化による紙離れの影響で業績が悪化すると、2010年6月には1回目となる破産法第11章の適用を申請し、その後は投資ファンド傘下で再建を目指していたものの、封筒需要の減少で厳しい環境が続いていることから、事業の売却を目的として今回の措置に至ったようです。

負債総額は約1億7000万ドル(約170億円)の見通しです。

Envelope maker files second bankruptcy in three years | Reuters

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事