不景気.com > 買収合併 > マックスバリュ東北が破産した「パワーズフジミ」の7店舗を譲受

マックスバリュ東北が破産した「パワーズフジミ」の7店舗を譲受

マックスバリュ東北が破産した「パワーズフジミ」の7店舗を譲受

東証2部上場でイオングループのスーパーマーケット経営「マックスバリュ東北」は、5月10日付で新潟地方裁判所へ自己破産を申請した「パワーズフジミ」(新潟県新潟市)からスーパーマーケット事業の一部を譲り受けると発表しました。

対象となるのは本店など新潟市内の5店舗と村上市内の2店舗の計7店舗で、5月に解雇となったパワーズフジミの従業員を再雇用するなど早期の営業再開を目指す方針です。

1998年に設立のパワーズフジミは、買収など積極的な事業拡大により新潟市などで17店舗を展開していたものの、当時の親会社による法的整理の申請や競争激化による業績悪化から、約27億円の負債を抱え自己破産を申請していました。

パワーズフジミの事業の一部譲り受けに関するお知らせ:マックスバリュ東北

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事