不景気.com > 企業不況 > クロニクルが7月17日付で上場廃止、報告書提出できず

クロニクルが7月17日付で上場廃止、報告書提出できず

クロニクルが7月17日付で上場廃止、報告書提出できず

大阪証券取引所は、7月17日付でジャスダック上場の宝飾品販売業「クロニクル」を上場廃止にすると発表しました。

これは、同社が四半期報告書の法定提出期限から1ヶ月後となる6月15日までに同報告書を提出しなかったための措置で、同社株式は6月16日から7月16日まで整理銘柄へ指定された後に上場廃止となります。

過去の不適切な会計処理に伴う訂正作業に時間を要していることに加え、子会社役員の私的流用事件に絡む警察の捜査も途中の段階にあるため、6月11日の時点において上場維持が難しい状況に陥っていることを明らかにしていました。

株式の上場廃止等の決定:(株)クロニクル | 大阪証券取引所

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事