不景気.com > 買収合併 > ANAとエアアジアが合弁解消、格安航空事業を見直し

ANAとエアアジアが合弁解消、格安航空事業を見直し

ANAとエアアジアが合弁解消、格安航空事業を見直し

東証・大証1部上場の航空大手「ANAホールディングス」は、マレーシアの格安航空大手「エアアジア」との国内合弁事業を解消すると発表しました。

ANAが51%・エアアジアが49%(無議決権株式比率)出資する合弁会社「エアアジア・ジャパン」について、今年10月をめどにANAがエアアジア保有分を買い取り完全子会社化する方針です。

搭乗率の低迷など業績が落ち込んでいることから、日本の市場にあった運営体制への見直しが必要と判断したことが主因で、エアアジアブランドの使用も10月末までとする予定です。

AirAsia Berhadとの共同事業の解消について:ANAホールディングス

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事