不景気.com > 不景気ニュース > 徳島の商業施設「とくしまCITY」が7月に閉店、30年の歴史に幕

徳島の商業施設「とくしまCITY」が7月に閉店、30年の歴史に幕

徳島の商業施設「とくしまCITY」が7月に閉店、30年の歴史に幕

JR徳島駅の近くに位置するショッピングセンター「とくしまCITY」(徳島県徳島市)は、7月21日をもって閉店すると発表しました。

1972年に開業した「南海ショッピングセンター」を前身として1983年に「とくしまCITY」の名称で新装開店した同店は、レディースファッションや雑貨を中心とする地上6階・地下1階のファッションビルで、駅周辺地区の核施設として若者を中心に広く利用されていました。

しかし、景気低迷に伴う個人消費の落ち込みや郊外型ショッピングセンターの台頭で厳しい環境が続いていることに加え、建物の老朽化も進んでいることから、現状での営業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

お客様へのお知らせ:Tokushima CITY

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事