不景気.com > 赤字決算 > サッポロHDの第1四半期は純損益30.68億円の赤字

サッポロHDの第1四半期は純損益30.68億円の赤字

サッポロHDの第1四半期は純損益30.68億円の赤字

東証1部・札証上場のビール大手「サッポロホールディングス」は、2013年12月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が30億6800万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2013年12月期第1四半期連結業績:サッポロホールディングス

売上高 営業損益 純損益
13年12月期(1Q) 1004億9800万円 △47億5500万円 △30億6800万円
前年同期 973億8800万円 △55億8100万円 △41億2600万円
通期予想 5120億円 153億円 55億円

営業損益ベースでは、国内酒類事業が33億円の損失、国際事業が1億円の損失、食品・飲料事業が18億円の損失、外食事業が3億円の損失となった一方、不動産事業が21億円の利益となりました。なお、同社の業績は季節的要因が大きいことから、通期業績は黒字予想を据え置いています。

2013年12月期第1四半期決算短信:サッポロホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事