不景気.com > 国内倒産 > 岡山のガソリンスタンド経営「宮野」が破産開始決定受け倒産

岡山のガソリンスタンド経営「宮野」が破産開始決定受け倒産

岡山のガソリンスタンド経営「宮野」が破産開始決定受け倒産

岡山県岡山市に本拠を置くガソリンスタンド経営の「宮野」は、5月13日付で岡山地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1932年に創業の同社は、ガソリンスタンドの経営を主力に事業を展開し、最盛期には多店舗出店により事業規模を拡大したほか、岡山市および倉敷市にてコインランドリーの経営も手掛けていました。

しかし、景気低迷による競争激化や採算性の低下で業績が悪化すると、粉飾決算の判明により信用が失墜するなど経営不振に陥り、資金繰りが行き詰まる中、債権者により破産を申し立てられ今回の措置に至ったようです。

負債総額は帝国データバンクによると約36億円、東京商工リサーチによると約41億円とのことです。

岡山のガソリンスタンド経営業者「宮野」破産(帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事