不景気.com > 国内倒産 > 福岡の質店経営「えびす」が第三者破産の申立受ける

福岡の質店経営「えびす」が第三者破産の申立受ける

福岡の質店経営「えびす」が第三者破産の申立受ける

福岡県福岡市に本拠を置く質店経営の「恵比寿」および「ダイギンエステート」は、債権者により破産を申し立てられ、4月26日付で福岡地方裁判所より財産の保全管理命令を受けたことが明らかになりました。

2008年に設立の恵比寿は屋号「えびす」として、2003年に設立のダイギンエステートは屋号「アオキ」としてそれぞれ質店を経営し、福岡県および近県にて8店舗を展開していました。

しかし、質店を装い年金を担保にした高齢者への高金利貸付を行っていたとして、2012年10月には貸金業法違反の容疑で福岡県警による家宅捜索を受け、今年2月には被害者となった債権者により破産を申し立てられ今回の措置に至ったようです。

質店偽装2社に保全命令、債権者破産申し立て:YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事