不景気.com > 国内倒産 > 愛知の印刷業「アサヒグラフィックス」に再生手続の廃止決定

愛知の印刷業「アサヒグラフィックス」に再生手続の廃止決定

愛知の印刷業「アサヒグラフィックス」に再生手続の廃止決定

官報によると、愛知県名古屋市に本拠を置く印刷業の「アサヒグラフィックス」は、4月22日付で名古屋地方裁判所より再生手続の廃止決定を受けたことが明らかになりました。

1980年に「アサヒ印刷」として創業の同社は、カタログやチラシなどの商業印刷を主力に製本印刷・加工も手掛け、本社工場のほか岐阜県内にも工場を所有するなど事業を拡大していました。

しかし、デジタル化などによる印刷需要の落ち込みで業績が悪化すると、設備投資による借入金が資金繰りを逼迫したため、2011年7月27日付で民事再生法の適用を申請し再建を目指したものの、再生計画の遂行は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

今後は破産手続に移行する見通しで、民事再生法適用時の負債総額は約50億円です。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事