不景気.com > 買収合併 > ヤクルトが仏ダノンとの提携を解消、持株比率引き上げ要因か

ヤクルトが仏ダノンとの提携を解消、持株比率引き上げ要因か

ヤクルトが仏ダノンとの提携を解消、持株比率引き上げ要因か

東証1部上場の飲料メーカー「ヤクルト本社」は、フランスの食品大手「ダノン」との戦略的提携契約を解除すると発表しました。

両社は2004年に同提携契約を締結したものの、現在の持株比率となる約20%から引き上げを狙うダノンと、経営の独立性を保ちたいヤクルトとの溝が埋まらず、今回の提携解消に至ったようです。

なお、今後の良好な関係を継続するため協業関係に関する覚書を新たに締結した一方、ダノンは提携解消により自由に持株比率を引き上げることが可能となったことから、今後の対応に注目が集まります。

ダノンとの戦略提携契約の終了に関するお知らせ:ヤクルト本社

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事