不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース4/21、倒産関連の話題が多い1週間

週刊不景気ニュース4/21、倒産関連の話題が多い1週間

週刊不景気ニュース4/21、倒産関連の話題が多い1週間

4月15日から21日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産関連や赤字業績の発表が多い1週間となりました。

破産申請(準備含む)により倒産したのは、兵庫の産元商社「敷幸」、岐阜のゴルフ場経営「岐阜中央開発」、東京のモータースポーツ専門校運営「TMC」、東京のゴルフ場運営「東宇都宮観光」、千葉の皮革製品製造「よしざわ」となり、また、民事再生法の適用を申請したのは大阪の印刷業「日本ウエブ印刷」となりました。

一方、赤字業績を発表したのは、光関連検査装置製造の「パルステック工業」、雑貨販売チェーンの「雑貨屋ブルドッグ」、造船・重機メーカーの「三井造船」、モバイルコンテンツ事業の「インデックス」、コンテンツ配信・放送業の「ブロードメディア」、自動車エンジン部品製造の「安永」、医薬ベンチャーの「メビオファーム」、医療製品開発の「3Dマトリックス」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事