不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース3/17、リストラや上場倒産が話題に

週刊不景気ニュース3/17、リストラや上場倒産が話題に

週刊不景気ニュース3/17、リストラや上場倒産が話題に

3月11日から17日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。リストラや上場倒産が話題の1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、東京の製本業「鈴木製本所」、徳島の建設業「大和建設工業」、広島のアイスクリーム製造「マーベラスジャパン」となりました。

一方、ジャスダック上場の「東京カソード研究所」が民事再生法の適用を申請したほか、東京の金融・投資業「Jファクター」が特別清算の開始決定を受けました。

人員削減では、飲料用ガラス瓶製造の「日本山村硝子」で100名、ゲームセンター運営の「アドアーズ」で70名のほか、すでに実施していた削減策に対しITサービス業の「インフォメーション・ディベロプメント」で104名が応募、コンピューター周辺機器製造の「アイ・オー・データ機器」121名が応募、ミシンメーカー「JUKI」で234名が応募したと発表しました。

また、物流業「ワールド・ロジ」が事業再生ADR手続を申請し、飼料メーカーの「協同飼料」とシステム開発業の「デジタルデザイン」が保有する債権について取立不能のおそれが生じたことを明らかにしました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事