不景気.com > 国内倒産 > 熊本のホテル経営「八代ロイヤルホテル」が破産決定受け倒産

熊本のホテル経営「八代ロイヤルホテル」が破産決定受け倒産

熊本のホテル経営「八代ロイヤルホテル」が破産決定受け倒産

官報によると、熊本県八代市に本拠を置くホテル経営の「八代ロイヤルホテル」は、2月4日付で熊本地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1981年に創業を開始した同ホテルは、地上10階建・客室数104室のシティーホテルで、レストランや宴会場・チャペルを併設するほか八代で最初に出来たシティーホテルとして当地では広く知られていました。

しかし、景気低迷による宿泊客の減少に加え、宴会・ウェディング需要の落ち込みで業績が悪化すると、借入金が資金繰りを逼迫したため、やむなく今回の措置に至ったようです。

毎日新聞(電子版)が伝えたところによると負債総額は約11億円の見通しで、ホテルの営業は別会社が継続するとのことです。

八代ロイヤルホテル:破産 営業は継続 /熊本- 毎日jp(毎日新聞)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事