不景気.com > 国内倒産 > 山口の自動車部品製造「山本工業」が自己破産申請し倒産

山口の自動車部品製造「山本工業」が自己破産申請し倒産

山口の自動車部品製造「山本工業」が自己破産申請し倒産

山口県下関市に本拠を置く自動車部品製造の「山本工業」は、1月31日付で山口地方裁判所下関支部へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1915年(大正4年)に清涼飲料の製造販売を目的として創業の同社は、ワイヤーハーネスなど自動車部品の製造を主力とするほか釣竿の製造も手掛け、1989年には中国に現地法人を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による自動車市場の落ち込みにより受注が減少すると、尖閣問題を発端とする日中関係の悪化により中国工場が甚大な被害を被るなど厳しい経営環境に陥ったため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約34億円の見通しです。

下関の山本工業が反日デモ被害で自己破産 青島工場焼き討ち - MSN産経ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事