不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース2/24、倒産とリストラの話題が多い1週間

週刊不景気ニュース2/24、倒産とリストラの話題が多い1週間

週刊不景気ニュース2/24、倒産とリストラの話題が多い1週間

2月18日から24日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産やリストラの話題が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、北海道の運送業「北日本陸運」、熊本のホテル経営「八代ロイヤルホテル」、愛知の鍛造品製造「笠井鍛工」、新潟の菓子類卸「田村商事」となりました。

一方、民事再生法の適用を申請したのは、千葉の学校法人「村山学園」、愛知の社団法人「愛知県農林公社」となり、海外ではアメリカの老舗出版社「RDAホールディング」とスペインの大手不動産業「レヤル・ウルビス」が現地破産法の適用を申請しました。

そのほか、人員削減策を発表したのはベアリング製造大手の「NTN」で600名、シール製品製造の「NOK」が子会社にて350名、フランスの大手食品メーカー「ダノン」で900名となったほか、すでに公表していた削減策への応募者数を明らかにしたのは、持ち帰り寿司チェーン「小僧寿し」で66名、劇場経営の「御園座」で39名となりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事