不景気.com > 雇用問題 > 非正規社員の割合が35.2%で過去最高を更新、2012年平均

非正規社員の割合が35.2%で過去最高を更新、2012年平均

非正規社員の割合が35.2%で過去最高を更新、2012年平均

総務省が発表した「労働力調査・2012年平均(速報)結果」によると、全雇用者に占める非正規社員の割合は、前年比0.1ポイント増の35.2%となり過去最高を記録したことが明らかになりました。

2012年平均の雇用者数は前年比9万人減の5154万人で、このうち正社員は同12万人減の3340万人となった一方、パート・アルバイト・派遣社員・契約社員などの非正規社員は同2万人増の1813万人となりました。

正社員採用の抑制による若い世代の非正規化に加え、女性における非正規率の高止まりや55歳以上における非正規採用の増加などが主な要因と言えそうです。

統計局ホームページ/労働力調査(詳細集計) 平成24年平均(速報)結果

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事