不景気.com > 国内倒産 > 秋田の信販会社「日専連トラスト」が自己破産申請し倒産

秋田の信販会社「日専連トラスト」が自己破産申請し倒産

秋田の信販会社「日専連トラスト」が自己破産申請し倒産

秋田県鹿角市に本拠を置く信販会社の「日専連トラスト」は、2月26日までに秋田地方裁判所大館支部へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1981年に設立の同社は、小売商業者で組織する「日本専門店会連盟」(日専連)の組合員としてクレジットカード事業やキャッシングローン事業を主力とするほか、商品券や保険の取り扱いなども手掛けていました。

しかし、地方経済の疲弊などから業績が悪化したことに加え、資金の後ろ盾となっていた協同組合「日専連かづの」の経営悪化により資金繰りが逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

秋田魁新報社(電子版)が伝えたところによると負債総額は約11億2000万円で、「日専連かづの」についても同様の措置が取られたとのことです。

鹿角の「日専連」が経営破綻 負債、各11億円超|さきがけonTheWeb

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事