不景気.com > 企業不況 > マツモトキヨシが子会社「ユーカリ広告」を解散

マツモトキヨシが子会社「ユーカリ広告」を解散

マツモトキヨシが子会社「ユーカリ広告」を解散

東証1部上場のドラッグストア大手「マツモトキヨシ」は、100%出資子会社の「ユーカリ広告」(千葉県柏市)を解散すると発表しました。

1980年に設立の同子会社は、グループ広告の新聞折り込み代理および企画を主力に事業を展開していたものの、グループ全体のコスト構造改革において事業内容を精査した結果、すでに一定の役割を終えたと判断し今回の措置に至ったようです。

今後は3月31日付で解散を決議する予定で、この解散に伴う連結業績への影響は軽微とのことです。

子会社の解散に関するお知らせ:マツモトキヨシ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事