不景気.com > 企業不況 > 扶桑電通が債権6.09億円取立不能のおそれ、取引先破産で

扶桑電通が債権6.09億円取立不能のおそれ、取引先破産で

扶桑電通が債権6.09億円取立不能のおそれ、取引先破産で

東証2部上場のシステムインテグレーター「扶桑電通」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、取引先の電気通信工事業「東日本通信工業」(宮城県仙台市)が自己破産申請の準備に入ったための措置で、債権額は売掛金・手形を合わせ6億900万円の見込みです。

なお、当該債権については全額貸倒引当済みとのことです。

債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ:扶桑電通

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事