不景気.com > 企業不況 > ダイエーが時計・眼鏡子会社「ゼノン」を解散、44億円債権放棄

ダイエーが時計・眼鏡子会社「ゼノン」を解散、44億円債権放棄

ダイエーが時計・眼鏡子会社「ゼノン」を解散、44億円債権放棄

東証1部上場のスーパーマーケット大手「ダイエー」は、100%出資子会社の「ゼノン」(東京都中央区)を解散すると発表しました。

1969年に設立の同子会社は、時計・眼鏡の専門店として約80店舗を展開しているものの、景気低迷による売り上げ不振が続いており、今後の業績回復には更なる時間と費用を要することから今回の決定に至ったようです。

今後は、8月31日までに全店舗の営業を終了し、11月30日付で解散する予定で、同子会社に対する貸付金44億円の全額を債権放棄するとのことです。

子会社に対する債権放棄に関するお知らせ:ダイエー

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事