不景気.com > 海外倒産 > 伊陶磁器メーカー「リチャードジノリ」が破産決定受け倒産

伊陶磁器メーカー「リチャードジノリ」が破産決定受け倒産

伊陶磁器メーカー「リチャードジノリ」が破産決定受け倒産

イタリアの老舗陶磁器メーカー「リチャード・ジノリ」は、1月7日付でフィレンツェの裁判所より破産決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1735年に創業の同社は、高級食器の「リチャード・ジノリ」と置物の「カポディモンテ」からなる2つのブランドで陶磁器の製造を手掛け、世界中に多くのファンを有するなどイタリア随一の陶磁器メーカーとして高い知名度を誇っていました。

しかし、近年は景気低迷による売上の減少で赤字が続くなど業績が悪化したことから、2012年5月には会社清算の意向を示し事業の身売りを模索したものの、買収を希望する企業との交渉がまとまらなかったため今回の措置となったようです。

CS decisione tribunale 7 gennaio 2013:Richard Ginori

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事