不景気.com > 企業不況 > ランドを指定替えに係る猶予期間入り銘柄に指定

ランドを指定替えに係る猶予期間入り銘柄に指定

ランドを指定替えに係る猶予期間入り銘柄に指定

東京証券取引所は、1部上場の不動産業「ランド」を指定替えに係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、2012年12月の月間平均時価総額が指定替え基準の12億円未満となったための措置で、猶予期間となる9月30日までに時価総額が所要額を超えない場合は2部銘柄への指定替えとなります。

同社によると、株価下落の要因として有価証券報告書の虚偽記載による金融商品取引法違反容疑で神奈川県警および証券取引等監視委員会の調査を受けていることなどが考えられるものの、そのような不適切会計を行った認識はないとのことです。

東証 : 指定替えに係る猶予期間入りについて - (株)ランド

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事