不景気.com > 企業不況 > 大都魚類が債権23.31億円取立不能のおそれ、取引先の破産で

大都魚類が債権23.31億円取立不能のおそれ、取引先の破産で

大都魚類が債権23.31億円取立不能のおそれ、取引先の破産で

マルハニチロの子会社で東証2部上場の水産物卸「大都魚類」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、取引先の水産物輸入業「アトランティス」(東京都港区)の親会社「ATLANTIS GROUP HF」が1月2日付でアイスランドのレイキャビク地方裁判所へ自己破産を申請したための措置で、債権額は長期貸付金23億3100万円の見込みです。

なお、業績に与える影響については現在精査中のため判明次第明らかにする方針で、担保として預かっていた「Umami Sustainable Seafood」(アメリカ・ネバダ州)の普通株式1300万株について同社の名義へ書き換えを行ったとのことです。

子会社の債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ:マルハニチロ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事