不景気.com > 海外リストラ > 米航空機大手の「ボーイング」が160名の人員削減へ

米航空機大手の「ボーイング」が160名の人員削減へ

米航空機大手の「ボーイング」が160名の人員削減へ

アメリカの大手航空機メーカー「ボーイング」は、2014年末までに160名の人員削減を実施すると発表しました。

対象となるのはテキサス州にあるエルパソ工場で働く従業員で、削減数は同工場の全従業員370名の43%相当となる見通しです。

同工場では航空機向け電子機器などの製造を主力に事業を展開しているものの、アメリカ政府の予算縮小に伴い国防関連の需要が減少すると予想されるため、生産体制の縮小が急務と判断し今回の施策に至ったようです。

Boeing to Consolidate El Paso Facilities, Reduce Workforce

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事