不景気.com > 企業不況 > アスクルが債権13.38億円取立不能のおそれ、子会社解散で

アスクルが債権13.38億円取立不能のおそれ、子会社解散で

アスクルが債権13.38億円取立不能のおそれ、子会社解散で

東証1部上場でオフィス用品通販の「アスクル」は、保有する債権について取立不能のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、1月21日付で中国の100%出資子会社「愛速客楽」(中国上海市)の解散を決議したための措置で、債権額は貸付金13億3800万円の見込みです。

なお、当該債権については貸倒引当済みのほか、出資金についても関係会社株式評価損を計上済みの一方、同子会社の解散および清算に伴う税金費用の減少で約12億円の純利益増加が見込めるとのことです。

子会社の解散および債権の取立不能のおそれに関するお知らせ:アスクル

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事