不景気.com > 海外倒産 > 米ゲーム会社の「THQ」が破産法第11章を申請

米ゲーム会社の「THQ」が破産法第11章を申請

米ゲーム会社の「THQ」が破産法第11章を申請

アメリカのカリフォルニア州に本拠を置くゲーム会社の「THQ」は、12月19日付でデラウェア州連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したことが明らかになりました。

1989年に設立の同社は、「セインツロウ」などのヒット作で知られるゲームメーカーで、ヨーロッパやオーストラリアのほか日本にも進出するなど事業を拡大していました。

しかし、消費者の多様化や開発競争の激化に加え、積極的な投資が裏目となり資金繰りが逼迫したため、負債削減を目的として今回の措置に至ったようです。

今後は、投資ファンドの「クリアレイク・キャピタル」の支援により再建を目指す方針です。

To our global gaming community:THQ.com

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事