不景気.com > 買収合併 > シャープが米クアルコムから99億円の出資受け入れ

シャープが米クアルコムから99億円の出資受け入れ

シャープが米クアルコムから99億円の出資受け入れ

経営が悪化している電機大手の「シャープ」は、アメリカの半導体大手「クアルコム」から総額99億円の出資を受け入れることで合意したと発表しました。

これはスマートフォンなどに向けた次世代ディスプレイの共同開発を目的とする業務提携の一環として実施されるもので、クアルコムに対し2回に分けて第三者割当増資を行う予定です。

液晶市場の地盤沈下により大幅な赤字に陥るなど厳しい環境が続いているシャープは、財務体質の改善が急務となっていることに加え、中小型液晶ディスプレイの開発強化に繋がると判断し今回の決定に至ったようです。

共同開発契約および出資引受契約の締結に関するお知らせ:シャープ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事