不景気.com > 企業不況 > SCSKが債権199億円取立不能のおそれ、子会社特別清算で

SCSKが債権199億円取立不能のおそれ、子会社特別清算で

SCSKが債権199億円取立不能のおそれ、子会社特別清算で

東証1部上場のシステムインテグレーター「SCSK」は、子会社に対して保有する債権について取立不能のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、金融サービス子会社の「CSK-IS」「CSKプリンシパルズ」(ともに東京都港区)が12月18日付で特別清算開始の申し立てを行ったための措置で、両子会社を合わせた債権額は貸付金198億9800万円の見込みです。

なお、当該債権については全額貸倒引当済みのため、業績に与える影響は軽微とのことです。

債権の取立不能のおそれに関するお知らせ:SCSK

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事