不景気.com > 買収合併 > 産業革新機構がルネサスエレクトロニクスに7割出資へ

産業革新機構がルネサスエレクトロニクスに7割出資へ

産業革新機構がルネサスエレクトロニクスに7割出資へ

政府系ファンドの「産業革新機構」は、東証1部上場の半導体大手「ルネサスエレクトロニクス」に対し約7割を出資し再建を手助けすると発表しました。

ルネサスが発行する第三者割当増資を1383億5000万円で引き受け69.16%を出資する筆頭株主となるほか、トヨタやニッサンなど民間企業8社も共同出資し、総額で1500億円の資金支援となる見通しです。また、将来的に更なる資金が必要となった場合には500億円の追加支援を行うとのことです。

半導体市況の悪化や長引く円高が負担となり経営不振に陥っているルネサスは、外資による買収なども検討されたものの、製造業における基幹部品となっている半導体の安定供給には国内勢での再建が得策と判断し今回の決定に至ったようです。

ルネサスエレクトロニクス株式会社への共同出資を決定:産業革新機構

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事