不景気.com > 国内倒産 > 静岡の建設業「織田工務店」が民事再生法を申請

静岡の建設業「織田工務店」が民事再生法を申請

静岡の建設業「織田工務店」が民事再生法を申請

信用調査会社の東京経済によると、静岡県静岡市に本拠を置く建設業の「織田工務店」は、12月10日付で静岡地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1967年に創業の同社は、戸建住宅の建築工事を主力とするほか、集合住宅や商業施設、医療・福祉施設の建築工事も手掛けるなど当地では相応の知名度を有していました。

しかし、景気低迷による住宅着工戸数の減少などから工事受注が大幅に落ち込むと、決済難に陥るなど資金繰りが逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は12億円を超える見通しです。

織田工務店~民事再生手続開始申立(東京経済) - livedoor ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事