不景気.com > 国内倒産 > 富山の海外移住斡旋「マキソンジャパン」が破産決定受け倒産

富山の海外移住斡旋「マキソンジャパン」が破産決定受け倒産

富山の海外移住斡旋「マキソンジャパン」が破産決定受け倒産

富山県富山市に本拠を置く海外移住斡旋業の「マキソンジャパン」は、12月27日付で名古屋地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2005年に設立の同社は、フィリピンへの海外移住斡旋や現地生活サポートなどを主力に事業を展開するほか、フィリピン企業への投資仲介も手掛けるなど事業を拡大していました。

しかし、投資先の現地企業から資金回収が困難になると、投資家から社債として集めた資金の返還も滞るなど資金繰りが逼迫したため、事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約20億円の見通しです。

マキソンジャパン破産手続きを開始 負債20億円 - 47NEWS

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事