不景気.com > 海外リストラ > 米半導体大手「テキサス・インスツルメンツ」が1700名の削減へ

米半導体大手「テキサス・インスツルメンツ」が1700名の削減へ

米半導体大手「テキサス・インスツルメンツ」が1700名の削減へ

アメリカの大手半導体メーカー「テキサス・インスツルメンツ」は、全世界を対象として1700名の人員削減を行うと発表しました。

これはワイヤレス事業におけるコスト削減策の一環として実施されるもので、競争が激化するスマートフォンやタブレット端末向け製品などから、より高い収益性が見込める自動車向け製品などへ軸足を移す方針です。

なお、この施策に伴い約3億2500万ドル(約265億円)のリストラ費用を計上する一方、年間で約4億5000万ドル(約365億円)のコスト削減効果を見込むとのことです。

ワイヤレス事業のコストを削減し組込み市場に注力:テキサス・インスツルメンツ

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事