不景気.com > 国内リストラ > マクドナルドが2013年末をめどに110店舗を戦略的閉店へ

マクドナルドが2013年末をめどに110店舗を戦略的閉店へ

マクドナルドが2013年末をめどに110店舗を戦略的閉店へ

ファーストフード国内最大手の「日本マクドナルド」は、店舗ポートフォリオの最適化を目的として、2013年末をめどに110店舗の戦略的閉店を実施すると発表しました。

対象となるのは不採算や利益を上げ難い小規模店舗が中心となる見通しで、2012年12月期第3四半期末時点の全店舗数3297店の約3%に相当する見通しです。

なお、この閉鎖に伴う関連費用として約14億円の損失を見込むとのことです。

平成24年12月期第3四半期連結決算状況:日本マクドナルド

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事