不景気.com > 買収合併 > ソフトバンクがイー・アクセスを買収、携帯2位グループ形成へ

ソフトバンクがイー・アクセスを買収、携帯2位グループ形成へ

ソフトバンクがイー・アクセスを買収、携帯2位グループ形成へ

東証1部上場の通信会社「ソフトバンク」は、同1部上場で同じく通信事業を展開する「イー・アクセス」を約1800億円で買収すると発表しました。

イー・アクセスの株式1株に対しソフトバンクの16.74株を割り当てる株式交換により実施され、イー・アクセスの株式は2013年2月25日をもって上場廃止となる予定です。

通信ネットワークが逼迫しているソフトバンクは、イー・アクセスの余裕がある通信ネットワークを手に入れることで、基地局数の増加や通信混雑の解消など大きなシナジー効果が得られると判断し今回の買収を決定したようです。

この買収により、ソフトバンクと傘下のPHS事業「ウィルコム」・イー・アクセスの携帯部門「イー・モバイル」の合計契約数は、業界2位の「KDDI」を抜く見通しです。

ソフトバンクによるイー・アクセスの完全子会社化に関するお知らせ:ソフトバンク

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事