不景気.com > 不景気ニュース > パナソニックがバスケットボール部とバドミントン部を休部

パナソニックがバスケットボール部とバドミントン部を休部

パナソニックがバスケットボール部とバドミントン部を休部

電機大手の「パナソニック」は、今シーズン限りをもってバスケットボール部の「パナソニック・トライアンズ」と、バドミントン部の「パナソニック・バドミントンチーム」を休部にすると発表しました。

1952年に創設のバスケットボール部は、日本リーグで優勝13回、天皇杯で優勝9回の戦績を誇る強豪として知られ、また、1980年に創設のバドミントン部は、日本リーグで優勝15回、全日本実業団選手権大会で優勝17回の結果を残すなど、同社における企業スポーツの一役を担っていました。

しかし、今期の業績予想では7000億円を超える大幅な最終赤字を見込むなど本業での厳しい環境が続くなか、企業スポーツにおいても抜本的な改革が避けられないと判断し今回の決定に至ったようです。

バスケットボール部、バドミントン部を休部:パナソニック

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事