不景気.com > 不景気ニュース > 東京・青山の「こどもの城」が2015年3月末をもって閉店

東京・青山の「こどもの城」が2015年3月末をもって閉店

東京・青山の「こどもの城」が2015年3月末をもって閉店

厚生労働省は、国立総合児童センターの「こどもの城」(東京都渋谷区)を2015年3月末で閉館すると発表しました。

1985年にオープンの同館は、体育室やプレイホール・造形スタジオのほか劇場・ホテルなども備えた複合施設で、オープン以来27年の間に約3000万人の来場者を数えるなど国内屈指の児童センターとして広く利用されてきました。

しかし、少子高齢化による来場者数の減少や子供をめぐる社会状況の変化に加え、施設の老朽化による維持管理の問題も重なったため、やむなく閉館の決定に至ったようです。

こどもの城の閉館に関する報道について

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事