不景気.com > 海外倒産 > 英スポーツ用品販売大手「JJBスポーツ」が会社管理手続を申請

英スポーツ用品販売大手「JJBスポーツ」が会社管理手続を申請

英スポーツ用品販売大手「JJBスポーツ」が会社管理手続を申請

イギリスのウィガンに本拠を置くスポーツ用品販売大手の「JJBスポーツ」は、10月1日までに会社管理手続を申請し、管財人の管理下に置かれ経営破綻したことが明らかになりました。

1971年に元サッカー選手で現サッカー・プレミアリーグ所属チーム「ウィガン」のオーナーでもあるデイブ・ウェラン氏により設立の同社は、スポーツシューズやスポーツウェアなどスポーツ用品の販売を主力に事業を展開し、1990年代にはイギリスで最大のスポーツ用品チェーンとなったほか、ロンドン証券取引所にも上場を果たし、最盛期には430店の店舗網を誇るなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みや他チェーンとの競争激化で業績が悪化すると、多額の債務が経営を圧迫したため、事業売却による生き残りを目指し他社との協議を続けていたものの、一部店舗やウェブサイト・ブランドの売却のみに留まり、結果として130店舗の閉鎖と2200名の人員削減という終焉を迎えました。

JJB goes into administration | The Guardian

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事