不景気.com > 国内倒産 > 北海道の漬物製造「岩井食品」が民事再生法を申請

北海道の漬物製造「岩井食品」が民事再生法を申請

北海道の漬物製造「岩井食品」が民事再生法を申請

北海道札幌市に本拠を置く漬物製造の「岩井食品」は、10月10日付で札幌地方裁判所に民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1961年に創業の同社は、主に札幌市内の高齢者施設やスーパー・飲食店を取引先として白菜などの浅漬け製造を手掛け、長い業歴を誇る老舗漬物業者として知られていました。

しかし、今年8月に同社が製造した「白菜きりづけ」を原因とする集団食中毒が発生すると、8名の死者を含む100名以上の被害者を出すなど事態は拡大したため、事業継続を断念するとともに損害賠償を目的として民事再生法の適用を申請したようです。

現時点での負債総額は約2億2700万円で、被害弁償を終えた後に会社清算する見通しです。

岩井食品 民事再生法適用申請 NHKニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事