不景気.com > 企業不況 > クロスプラスが子会社「ジュンコシマダジャパン」を解散

クロスプラスが子会社「ジュンコシマダジャパン」を解散

クロスプラスが子会社「ジュンコシマダジャパン」を解散

東証・名証2部上場のアパレルメーカー「クロスプラス」は、100%出資子会社「ジュンコシマダジャパン」(東京都中央区)の事業を譲受し解散および清算すると発表しました。

2003年に設立の同子会社は、「49AV junko shimada」ブランドを中心として婦人服の企画製造販売を展開しているものの、主力となる百貨店市場の低迷により債務超過が続くなど厳しい環境に陥っていることから、クロスプラスは一体運営による効率化を目的として同子会社の事業を譲受し今回の措置に至ったようです。

今後は2013年1月をめどに清算が結了する予定で、同子会社の債務超過相当額はすでに引当済みのため、連結業績に与える影響は軽微とのことです。

子会社からの事業譲受けおよび解散に関するお知らせ:クロスプラス

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事