不景気.com > 企業不況 > 神奈川の「横浜市土地開発公社」が解散へ、負債1570億円

神奈川の「横浜市土地開発公社」が解散へ、負債1570億円

神奈川の「横浜市土地開発公社」が解散へ、負債1570億円

神奈川県横浜市の外郭団体「横浜市土地開発公社」は、2013年度をめどに解散する見通しが明らかになりました。

1973年に設立の同公社は、横浜市からの依頼による事業用地の先行取得に加え、保有地の有効利用を目的とした駐車場の貸付や一時土地貸付などを主な事業としていました。

しかし、景気低迷による不動産市況の悪化などで土地の売却が進まなかったことに加え、地価下落による保有地の含み損が増加したため、再建は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、2011年度末時点の負債総額は約1577億円です。

横浜市財政局 土地開発公社について

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事