不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース9/23、リストラや赤字業績の話題多く

週刊不景気ニュース9/23、リストラや赤字業績の話題多く

週刊不景気ニュース9/23、リストラや赤字業績の話題多く

9月17日から23日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。リストラや赤字業績の発表が多い1週間となりました。

倒産関連では、千葉のスクラップ業「エフ・イー・マテリアル」が自己破産を申請したほか、神奈川の和菓子製造「芙蓉」と愛媛の各種機械製造「山本製作所」が民事再生法の適用を申請しました。

一方、人員削減を発表したのは、無線通信機器メーカーの「日本無線」で650名、半導体検査用ソケット製造の「山一電機」が子会社にて25名の希望退職者を募集するほか、すでに公表していた削減策に対し倉庫・物流業の「イヌイ倉庫」で33名、電子部品商社の「UKCホールディングス」で57名がそれぞれ応募したことを明らかにしました。

また、製薬会社の「第一三共」が動物用ワクチン事業から撤退し、出版取次大手の日本出版販売が「シアターN渋谷」を閉館すると発表しました。

そのほか、赤字業績を明らかにしたのは、中古マンション再生の「アルデプロ」、衣料品販売の「ジーンズメイト」、玩具メーカーの「タカラトミー」、フォトマスクメーカーの「エスケーエレクトロニクス」、「関西電力」、「北海道電力」、遊園地運営の「よみうりランド」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事