不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース9/2、大型リストラの発表が目立った1週間

週刊不景気ニュース9/2、大型リストラの発表が目立った1週間

週刊不景気ニュース9/2、大型リストラの発表が目立った1週間

8月27日から9月2日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。大型リストラの発表が目立った1週間となりました。

倒産関連では、静岡の組立家具製造「マルカ」、和歌山の温浴施設運営「野半の里」、兵庫の食材宅配「ペリカセブン」が破産(準備含む)を申請し、石川のゴルフ場運営「ツインフィールズ」が民事再生法の適用を申請しました。

人員削減では、抄紙網・フォトマスク製造の「日本フイルコン」で50名、電機大手の「シャープ」で2000名、光学機器メーカーの「オリンパス」で100名の希望退職者募集を実施するほか、アメリカのプリンターメーカー「レックスマーク」では1700名を削減し、また、すでに募集していた削減策への応募者数を明らかにしたのは電機大手の「NEC」で2393名、電気機器メーカーの「日本アビオニクス」で188名となりました。

一方、事業撤退などでは、冷凍食品大手の「テーブルマーク」が水産事業から撤退し、石油元売大手の「コスモ石油」が坂出製油所を閉鎖、食品メーカーの「エスビー食品」が陸上部を廃部、電機メーカーの「富士通」が半導体の組立事業から撤退すると発表しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、オフィス家具大手の「内田洋行」、「四国電力」、鉄鋼大手の「新日本製鐵」「住友金属工業」、建設業の「竹中工務店」、ジーンズメーカーの「リーバイ・ストラウス・ジャパン」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事