不景気.com > 企業不況 > トライアイズが債権4439万円取立不能のおそれ、取引先破産で

トライアイズが債権4439万円取立不能のおそれ、取引先破産で

トライアイズが債権4439万円取立不能のおそれ、取引先破産で

ジャスダック上場のアパレル業「トライアイズ」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、子会社「東京ブラウス」の取引先で婦人服販売の「エクランブルー」(愛知県名古屋市)が8月28日付で事業を停止し自己破産申請の準備に入ったための措置で、債権額は売掛金4439万円(最近事業年度末の純資産に対し0.6%相当)の見込みです。

なお、当該債権については貸倒引当金1000万円を計上しているものの、業績予想の修正が必要な場合は速やかに開示するとのことです。

債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ:トライアイズ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事