不景気.com > 国内倒産 > 青森の元・水産物加工「ダイマル」「丸竹八戸水産」が特別清算

青森の元・水産物加工「ダイマル」「丸竹八戸水産」が特別清算

青森の元・水産物加工「ダイマル」「丸竹八戸水産」が特別清算

官報によると、青森県八戸市に本拠を置いていた元・水産物加工の「鮫不動産管理」(旧商号:ダイマル)と「築港街不動産管理」(旧商号:丸竹八戸水産)は、9月4日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1936年に創業のダイマルは魚問屋として、また、1951年に創業の丸竹八戸水産は海産物商としてそれぞれ事業を展開し、その後は加工品の製造に進出すると両社製造のしめ鯖などが水産物の賞を多数受賞するなど高い評価を受けていました。

しかし、東日本大震災により両社ともに甚大な被害を受けたことで経営が悪化したため、企業再生支援機構の支援によりダイマルのグループ会社だった「ディメール」に両社の経営を統合した後、両社は清算目的会社として事後処理を進め今回の決定に至ったようです。

信用調査会社の帝国データバンクによると、両社合わせた負債総額は約30億円の見通しです。

青森県の元・水産物加工会社など2社、特別清算開始決定 - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事