不景気.com > 海外倒産 > イスラエルの投資会社「アンパル」が破産法第11章を申請

イスラエルの投資会社「アンパル」が破産法第11章を申請

イスラエルの投資会社「アンパル」が破産法第11章を申請

イスラエルの投資会社「アンパル・アメリカン・イスラエル・コーポレーション」は、8月29日付でニューヨーク州南部の連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したことが明らかになりました。

1942年に設立の同社は、資源・エネルギーや化学分野などのイスラエル企業に対し積極的な投資を手掛け、その後はナスダック市場への上場を果たすなど事業を拡大していました。

しかし、主要投資先でエジプトからイスラエルへの天然ガス輸送を手掛ける「イースト・メディタレーニアン・ガス」において、エジプトの政変に絡み事業の休止を余儀なくされたことで資金繰りが逼迫したため、債務再編を目的として今回の措置に至ったようです。

Ampal-American Israel Corporation Files Chapter 11 Petition

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事