不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース8/19、夏休み期間中の倒産が相次ぐ

週刊不景気ニュース8/19、夏休み期間中の倒産が相次ぐ

週刊不景気ニュース8/19、夏休み期間中の倒産が相次ぐ

8月13日から19日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。夏休み期間のなか、倒産の話題が相次いだ1週間となりました。

破産手続の開始決定を受け倒産したのは、格闘技イベントK-1の元運営会社「ライツコム」、大阪の鉄鋼圧延加工「阪南鋼業」、ウェブサイト運営の「カフェ・グローブ・ドット・コム」、群馬の眼科クリニック経営「財団法人臨床眼科研究所」となりました。

また、岩手の元ホテル経営「花巻管理」が特別清算の開始決定を受けたほか、和歌山のゴルフ場運営「南海観光開発」と青森の遊覧船運航「十和田湖観光汽船」が民事再生法の適用を申請しました。

一方、人員削減策ではアメリカの携帯端末製造「モトローラ・モビリティ」で4000名、同じくアメリカの物流大手「フェデックス」で人員未定の削減策を明らかにしました。

そのほか、映画配給・テレビ番組制作の「東北新社」はクラシック音楽チャンネル運営子会社「クラシカ・ジャパン」の特別清算に伴い債権取立不能のおそれを明らかにしました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事