不景気.com > 国内リストラ > 冷凍食品大手の「テーブルマーク」が水産事業から撤退

冷凍食品大手の「テーブルマーク」が水産事業から撤退

冷凍食品大手の「テーブルマーク」が水産事業から撤退

冷凍食品大手の「テーブルマーク」(旧商号:加ト吉)は、子会社を通じて行っている水産事業から撤退すると発表しました。

対象となるのは100%出資子会社で水産品販売の「グリーンフーズ」(大阪府大阪市)と、その子会社で水産品加工・販売の「川万水産」(茨城県ひたちなか市)の2社で、今年末をめどに両社の事業を停止する予定です。

同グループの水産事業においては、2009年に子会社化したグリーンフーズを中核として収益改善を目指していたものの、両社ともに赤字が続くなど厳しい環境に陥っていることから、業績回復は困難と判断し今回の撤退に至ったようです。

子会社における事業停止等の手続開始に関するお知らせ:テーブルマーク

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事