不景気.com > 国内リストラ > シャープが希望退職者の募集による2000名の人員削減へ

シャープが希望退職者の募集による2000名の人員削減へ

シャープが希望退職者の募集による2000名の人員削減へ

電機大手の「シャープ」は、8月2日付で公表していた経営改善対策の一環として、希望退職者の募集による2000名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは同社および国内子会社の社員で、退職日は12月15日。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

景気低迷に伴う液晶テレビの需要減などにより、2013年3月期は純損益2500億円の赤字を見込むなど厳しい環境が続いていることから、抜本的な合理化が必要と判断し今回の削減を決定したようです。

なお、この施策によるリストラ費用として約270億円を見込むものの、業績予想にはすでに織り込み済みとのことです。

希望退職者の募集に関するお知らせ:シャープ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事