不景気.com > 国内倒産 > 群馬の「臨床眼科研究所」が破産開始決定受け倒産

群馬の「臨床眼科研究所」が破産開始決定受け倒産

群馬の「臨床眼科研究所」が破産開始決定受け倒産

官報によると、群馬県桐生市に本拠を置く眼科クリニック経営の「財団法人臨床眼科研究所」は、8月1日付で前橋地方裁判所桐生支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1977年に設立の同社は、1979年に「桐生眼科クリニック」を開業すると、レーシック手術の基となる放射状角膜切開術の先駆けとして多くの実績を残すなど業界内では高い知名度を有していました。

一方、理事長個人による各方面での積極的な医療活動などでクリニックが経営不振に陥ると、2005年にはクリニックの競売処分により診療中止を余儀なくされ、残りの資産では債務の清算が困難なため今回の措置に至ったようです。

信用調査会社の東京商工リサーチによると、負債総額は約23億円の見通しです。

臨床眼科研究所が破産 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事