不景気.com > 赤字決算 > 新日本製鐵の第2四半期は純損益1550億円の赤字見通し

新日本製鐵の第2四半期は純損益1550億円の赤字見通し

新日本製鐵の第2四半期は純損益1550億円の赤字見通し

国内鉄鋼最大手の「新日本製鐵」は、2013年3月期第2四半期(累計)連結業績予想を下方修正し、四半期純損益が1550億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2013年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:新日本製鐵

売上高 営業損益 純損益
前回予想 1兆9500億円 100億円 △850億円
今回予想 1兆9500億円 100億円 △1550億円
前年同期 2兆278億円 942億1100万円 487億7500万円

長引く円高や鋼材市況の悪化に伴い、広畑製鉄所および堺製鉄所の事業用資産について約1200億円の減損損失を計上することから、純損益は大幅な赤字見通しとなりました。

*初出時、記事タイトルが純損益850億円となっていましたが、正しくは1550億円です。お詫びして訂正させていただきます。

事業用資産の減損損失の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ - 新日本製鐵

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事